広域基幹林道富士東部(北)線

2019年6月の現地調査データが最新です。

(前回調査から4年振り)


当該林道は山梨県上野原市県道35号線 秋山尾崎から大地峠トンネルを越えて、大月市梁川町国道20号線へ

完抜工事が行なわれている総延長約15kmの広域基幹林道である。

県道35号線 秋山尾崎側ルートにあっては大地峠トンネルに通行止めゲートがあって通り抜け不可能である。

大月市梁川町側ルートはゲートなどもなく、ドンツキまで走行可能であったが、今回調査では途中で

法面崩落があり、その先へは辿り着けなかった。放置プレイされている感が強い。

おそら南エリアで同じく工事中の富士東部(南)線の完成に合わせて

2つの林道を合わせて供用開始する公算が極めて高いと推測される。

最新Google Earth 衛星画像で確認する限り、双方の末端は既に接続完抜されている様子であり

その事実を確かめたいところだが、現状では踏査しかその調査方法はない。

この林道を含め、周辺の新設広域基幹林道は軒並み完全舗装で開通する予定であり

未舗装林道マニアとしては非常に残念ではあるが、その総延長と役割などを考えると重要な位置付けになるだろう。

 

詳細は以下のレポートを御覧ください。サムネール画像をクリック!!

 VOL:325  広域基幹林道定期調査録 山梨県道志村周辺の気になる林道へ

★実走年月 ★エリア ★行程 ★乗り物

★同行者

令和元年6月 下旬 山梨県/神奈川県 2日間 バイク

単独

 

   VOL:223:都留市 広域基幹林道の現況調査×林道ヲタク定例焚き火オフ会

★実走年月 ★エリア ★行程 ★乗り物

★同行者

平成27年6月上旬  山梨県 神奈川県 2日間 バイク

単独

 

    VOL:96 梅雨明け 秋山村・道志村界隈の林道散策

★実走年月 ★エリア ★行程 ★乗り物

★文字数

平成16年7月中旬 山梨県 2日間 バイク

8,454

 


上記は平成30年度版であり、平成22年度版と比較する延伸は明らかである。


大地峠トンネルの大月側抗口


大地峠トンネルを大月側へ抜けて麓方向を見る(ここまで徒歩で調査)


大月市梁川町国道20号線側の途中。鉄パイプの馬のみ。


崩れたての法面に遭遇。


今回調査はここで打ち切り。越えられない事はないが無理は禁物。

 

2019/6月最新レポートはここで終わりです。


以下前回までの調査資料となります。

ネットで公開されている開設情報。


最新のGoogle Earthではこんな感じ。 残工事区間は短いのでカウントダウン。


大月梁川町側ルートのドンツキ。途中にゲートなし。2015年6月撮影


県道35号線側ルートを経て大地峠トンネル。通り抜け不可。2015年6月撮影