西上州 余地峠を見てみよう

西上州の群馬県と長野県の県境に位置する「余地峠」。両県から県道108号線がそれぞれ延びているものの、地図上ではその完抜を示したものはない。長野側は今般建設された余地ダムの先に設置されたゲートで一般車両は通行止め。群馬側は南牧自然村前からの分岐に入ってから数kmでチェーンゲートによる通行止めがなされている。この峠路は西上州を愛するサイクリストたちにとっては色々な意味で感慨深いところであり、いにしえの浪漫を感じることのできる静かな峠路だ。平成16年11月中旬にオフロードバイクで静かにこのルートを実踏したところ、余地峠先の群馬側ルートで倒木があり、自転車でも通り抜けが厳しい状態であった。

         ★赤丸のポイントをクリックすると、その周辺の林道画像を見ることが出来ます★