気になる林道  VOL.28

寸又峡左岸林道

寸又峡温泉の手前にある「朝日トンネル」の脇にこの林道は静かに分岐している。

この林道入口ゲートへは、これまで何回か訪れたことがあるが開いていたことは無い。言わば「開かずのゲート」だ。

寸又川沿いに沿い、北へ向かって果てしなく長く続くこのピストン林道は、南アルプスの南深部へは入り込むための

アプローチ登山道でもある。ただ30km近いの林道を淡々と辿り、光岳などへ向かう登山者は一握りで

好き好んで自分苛めをする変わり者が多分多いのだと思う。まぁ我々林道ヲタクも同類である。

しかしながら2011年の台風被害が甚大だったため、ルート上にて複数箇所の大規模法面崩壊があり

徒歩による通過も困難を極める状態らしく、光岳などへの当該林道経由のプローチは事実上寸断されている。

この林道の性格上、莫大な費用をかけて林道を修復する可能性は期待できず、今後廃道化してしまうのか?

法面崩壊の修復を行って林道としての機能を復元させるのか?まったく予想がつかない。

崩壊を知るまで自分で暖めていた調査計画は、MTBによる年末年始の2泊3日の調査行程だった。

この林道ゲートの鉄壁性を踏まえ、林道途中での工事関係者とのハチ合わせを回避するための特定期間設定なのである。

場所は この辺り です。


 


開かずのゲート


当該林道通行に関する情報を開示しているサイト

■ 俺をアツクさせるもの

■ 呑んべぇ爺さん「音岳」の記録とつぶやき